【7拍子】Steve Vai – Die To Live

さて、前回予告した通りスティーブヴァイさんです。 まずはお聴きください♪

以前、『4分の4拍子+4分の3拍子では?』というコメントをもらったことがあるのですが、自分的にはスネアの入る位置から8分の7拍子と捉えてます。
こんな感じ↓

シンバルが入ってたり、バスドラムもちょっと違ったりしますが、まぁ雰囲気としてはこんな感じで・・
さて、スティーブ・ヴァイといえば自分はグラハムボネット率いるAlcatrazz(アルカトラス)で知るのですが(1984年)、前任のイングヴェイ以上に衝撃をうけたギタリストでした。
スタイルが違うから単純に比べられませんが、イングヴェイより芸達者だな~という印象で「God Blessed Video」のライトハンド(昔はそう言ってましたがいまはタッピングというらしい)によるバッキングはテクニックもさることながらそのアイデアに関心しました。
これ↓のいたるところでやってます。

↑ コミックバンドか??

ちなみにユニコーンのWAO!という曲で、ギターの手島さんが似たようなことやってます。
この3分25秒ぐらいから。↓

かっちょえぇ~!

ところで、スティーブ・ヴァイといえば、ライブでもPVでもいつも髪をなびかせてる印象があるのですが…

なんとステージに扇風機を置いてるのですよね。

これは暑さ対策ではなく、髪をなびかせるためでしょう・・/笑

この記事のアドレスは
https://pasukuart.com/steve-vai-die-to-live/
カウンター付き動画のメイキングはこちら↓
http://lackofsleeeep.blog.fc2.com/blog-entry-8.html
投稿の都度、Twitterで告知します。フォローよろしく~
https://twitter.com/lackofsleeeep

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA