【9拍子】Sting – I Hung My Head/カウンター付き動画の原点です

前回、カウンター付動画のメイキングをご紹介しました。
今回は、そもそものカウンター付動画ブログを始めたきっかけをご紹介したいと思います。今回の動画は、とってもしょぼいです。おまけに7拍子じゃなくて9拍子です。
まずはご覧ください。

タイトルにも書きましたが、拍子カウンターを付けるようになった原点の動画です。

2011年秋の事ですが、自分が通っていた音楽教室のセッションでこの曲を演る事になりました。
初心者が多めで、決め曲セッションですがリハは無し、当日初顔合わせの一発勝負です。準備期間は2週間ほどでした。

実は『演りたい!』と言いだしたボーカルさんは、この曲が9拍子とは気付かずにリクエストをしてました(驚!!)
セッションホストであるレッスン講師からは『初心者に9拍子なんて無理だ!』と却下されそうになったのですが、そのやりとりをSNS上で見ていた自分は、ボーカルさんの希望を叶えてあげたい気持ちと、最初から出来ないと決めつけられた事への反発から、『演ってみせる』とドラムでエントリーしてホストさんを押し切り、なんとか伴奏者を揃えてコピーを始めました。

ところが共演者さんの中には、9拍子に乗りきれないで苦労する方もいました。

共演者は都内や神奈川とか離れていたので、ネット経由で動画を使ってコツを教えられたらいいなぁと思いついたものの、最初はどういう動画にするかあれこれ悩みました。
ホワイトボードに1・2・3・4・5・6・7・8・9と数字を書いて、曲に合わせて指し示して(さながら学校の先生のように・・)とか思ったのですが、自分はエクセルが得意だったので冒頭のような動画のアイデアにたどりつきました。そう、先ほどの画面はエクセルです/笑。エクセル知らない人にはABCDE…とか12345とかが音楽関係の記号かと勘違いされました/苦笑。

そんなわけで、共演者に拍子の捉え方をアドバイスするために、突貫工事の間に合わせで作っただけの動画でした。
なのでしょぼいのです。セッションが終われば消すつもりでした。

ところが!
その頃、すでに7拍子ブログを書いていた自分はひらめきました。
『7拍子の曲にこんな感じでカウンターを付けたら面白いかも!』と。

それまでは、ただYoutubeに転がってるMusic Videoや、CD音源をブログに埋め込んでいただけでしたが、それではよくある普通の曲紹介ブログと変わらなかったわけです。
人からは、『聴いてても7拍子ってよく分かんな~い』と言われたりしてたので、『これは分かりやすくて良いかも』ということで、7拍子やら5とか9とかの拍子にカウンターを付けるようになったわけです。

そんなきっかけから始まったカウンター付き動画のお話でした~♪
(でも苦手な人には、やはり分かりにくいらしい・・・)

あ、曲の事には一切触れてませんでしたが、スティングの 「I Hung My Head」というこの曲、歌詞がなかなか興味深いのです・・。朴訥(ぼくとつ)とした雰囲気とは裏腹にどんより重たい歌詞です。『銃で人を殺してしまった(暴発かな?)..自分は絞首刑だ…』というすごい重い内容です…。状況はぜんぜん違いますがクイーンのボヘミアン・ラプソディーに通じる内容ですね。暴発モノだとクイーンズライクのベスト・アイ・キャンを思い出します。
「I Hung My Head」 は「うなだれる」という意味が一般的らしいのですが、「(絞首刑の前に)自分で首を吊ってしまう」とのダブルミーニングをスティングは狙ったのでは?と分析する人もいました。どうしてスティングがこんな歌詞を書いたのか、背景がとても知りたいのですが…。誰か教えて~。

この記事のアドレスは
https://pasukuart.com/sting-i-hung-my-head/
カウンター付き動画のメイキングはこちら↓
https://pasukuart.com/count-the-beats-making/
投稿の都度、Twitterで告知します。フォローよろしく~
https://twitter.com/lackofsleeeep

【7拍子】カウンター付き動画のメイキング

『7拍子って言われても、よく分かんな~い』という方のために始めた7拍子カウンター付き動画ですが、このカウンターは手作業で付けてます。
DAWやシーケンサーと連動して・・とか自動解析で・・とかいったハイテクじゃなくて、超アナログなことに手作業なんです…。

どんな風に作業しているかというメイキング動画を作りました。とりあえずご覧ください。

どうでしょう?ご理解頂けましたでしょうか?

動画中にも書きましたが、ドラムの演奏と同じで、走ったりモタったりして微妙に曲とずれてることもよくあります(冷汗…)
あと、変拍子ブログやってるくせにトリッキーなリズムにも弱く、うっかり拍を見失ったりと、なかなかすんなりとワンテイクでは成功しません…。なんといっても一発録りですから..。

ただ、そんな苦労より、1曲通して拍子をすべて解明しようとする作業の方が大変です…。最初から最後まで7拍子でいってくれれば楽なんですが、速いテンポの曲で、たまに8拍子(=4分の4拍子)とか6拍子とか挟み込まれたりすると、自分の聞き間違いなんだかそういう拍子なんだか自信がもてなくて、何十回とその部分だけ聞き直す羽目になります。

この先も、そういうケースに出くわすことは多々あると思うので、あいまいな部分はカウンター無しにしようかなぁと思ってます。そんな部分を解析できた方や間違いに気付いた方は「まるさん、ここは**拍子だよ」と教えていただけましたら幸いです。
んでは~♪

この記事のアドレスは
https://pasukuart.com/count-the-beats-making/
投稿の都度、Twitterで告知します。フォローよろしく~
https://twitter.com/lackofsleeeep

【7拍子】本田雅人 – Condolence

前回に引き続きスクエア出身者の7拍子を…

自分の好きな7拍子曲ベスト3と言えば
1位は文句なしでMichel Camilo – Tombo in 7/4
pasukuart.com/michelcamilo-tombo-in-7-4
2位はPlayers – Freight Train Shuffle
pasukuart.com/players-freight-train-shuffle

3位が...ちょっと悩むところなのですが
7拍子初体験のDave Weckl – Island Magic
pasukuart.com/dave-weckl-island-magic
か、いまからご紹介する本田雅人さんのCondolenceです。
まずはお聴きください(演奏開始1分ぐらいから7拍子になります)

“Condolence”とはお悔やみとか哀悼、弔辞といった意味で、アイルトンセナに捧げる曲らしいです。

この曲を初めて聴いた瞬間にあまりのカッコ良さにぶっ飛びましたね。スピード感があって自分の大好きなタイプの7拍子です。
メンバーは
本田雅人さん(Sax)
梶原順さん(G)
松本圭司さん(Key)
青木智仁さん(B)←2006年に亡くなられてます。R.I.P.
則竹裕之さん(Ds)

ライブ映像の醍醐味ですが、メンバー同士のアイコンタクトがいい感じなんです。
3:06~松本さん「そろそろ終わりますよ」→青木さん「分かった、分かった」
7:24~梶原さん「テーマ戻りましょうか」→本田さん(後ろ姿ですが)「はい」→則竹さん「終わりか」→松本さん「終わりらしいな」
ってな感じですね。とにかく、曲としてもすばらしいし、演奏映像としてもスバらしい。エキサイティング!!!!!!
自分的には文句なしの7拍子No.1曲ですね!ん?

この記事のアドレスは
https://pasukuart.com/honda-masato-condolence/
カウンター付き動画のメイキングはこちら↓
https://pasukuart.com/count-the-beats-making/
投稿の都度、Twitterで告知します。フォローよろしく~
https://twitter.com/lackofsleeeep

【7拍子】TRIX – Smile.

>次回と次々回はスクエアつながりで須藤満さんと本田雅人さんの曲をご紹介したいと思います~♪

と書いた前回のブログからなんと8カ月も空いてしまいました。もし待ってた人がいたらすいません。
では、お約束通りスクエアつながりでトリックスの「Smile.(スマイルドット)」という曲…。
ドットがなければいけないんです。ぱふ。

まずはお聴きください。ぱふ。

前々回のA Day In Blueでも書きましたが、こういう最初から最後までず~っと7拍子の曲はカウンターを付けるのがラクで助かります/笑

この曲は、古いブログ友達のサバーイさんに2010年に教えてもらった曲です。なんと10年も前!!
以下、サバーイさんの文章をコピペしました。

  • 今年6/23に発売したTRIXの7thアルバム「FEVER」にて須藤さんの曲「Smile.」という曲(スマイル・ドットと読みます。笑点をもじったタイトル)が8分の7拍子の曲です。

笑点=スマイル点=スマイルドット=Smile.だそうです(^_^;)…ぱふっ!
いまどきの若い人は笑点知らないかもしれないから、ぱふぱふ言っても通じないか?

TRIXの公式サイトはこちら → https://trix.amebaownd.com/
元カシオペアのドラマー熊谷徳明さんと、元T-SQUAREのベーシスト須藤満さんを中心とするグループです。

こーゆーストレートで突っ込んだ感じの8分の7拍子が、ワタクシめのもっとも好きな7拍子です。
サバーイさん、紹介感謝。ぱふぱふ

で、次回は本田雅人さんの曲を紹介いたします。ステイホーム期間だしゴールデンウィーク中に投稿出来るかな~。乞うご期待。

この記事のアドレスは
https://pasukuart.com/trix-smile/
カウンター付き動画のメイキングはこちら↓
https://pasukuart.com/count-the-beats-making/
投稿の都度、Twitterで告知します。フォローよろしく~
https://twitter.com/lackofsleeeep

【7拍子】T-SQUARE – Crazy beach

前回に続きT-SQUARE。
自分が把握しているスクエアの7拍子の曲はこれで以上です。
まずはお聴きください(かなり音割れしてます。聞き苦しくてすいません・・)。

ベースソロ良し!
キーボードとギターの掛け合い良し!!
ドラムソロもかっちょえぇ!!!
最後はサックスソロで締めるという、全員ソロありのなんとも贅沢な曲っすね。

細かい話ですが、ベースソロの最後に入るドラムのフィルインがけっこう好きです(2分34秒ぐらい)。

たいしたことをやってるわけではないのですが・・。
それまでの比較的「静」なベースソロから、一気ににぎやかになるキーボードソロへのつなぎとして、絶妙なFillだなぁーとドラマー的に思ってます。

曲としては、自分の好きなストレートな7拍子ですが、それとは関係なしで、けっこうツボな曲です。

作曲は、伊東たけしさんと、河野啓三さん。
ぬぁーんと、キーボードの河野さんはサポートでKENSO(プログレ系のバンド)に参加してたとの事で、スクエアに変拍子が多いのはその辺の影響もあるんでしょうか? でも河野さんが参加される前から7拍子の曲もあるし、安藤さんの志向もあるかな?(ご本人の7拍子は無いようですが…)

というわけで4曲続けてスクエアの7拍子でした。

さて、次回と次々回はスクエアつながりで須藤満さんと本田雅人さんの曲をご紹介したいと思います~♪

この記事のアドレスは
https://pasukuart.com/square-crazy-beach/
カウンター付き動画のメイキングはこちら↓
https://pasukuart.com/count-the-beats-making/
投稿の都度、Twitterで告知します。フォローよろしく~
https://twitter.com/lackofsleeeep

【7拍子】 T-SQUARE – A Day In Blue

絶賛、スクエア月間です/笑
まずはお聴きください….の前に!!
この動画の出どころが分かりませんが映像と音声のずれがひどいです・・。演奏者の手元を見てると音と合ってなくて気持ち悪いですが、その辺は気にせずご覧ください。

映像の出どころ分かりました。Youtubeにコメントもらいました。
韓国のTV局、文化放送(MBC)の「水曜芸術舞台」という音楽番組だそうです。本格派、大人向けの音楽番組だそうです。

前々回のHorizonもそうですが、こういう最初から最後までず~っと7拍子の曲はカウンター付けるのが、ラクで助かります/笑

さて「出どころが分からない・・」と書きましたが、1999年7月の韓国公演らしいです。Youtubeやニコニコ動画に、同じ公演から他の曲もアップされているので、映像作品でリリースされてるのでしょうか?

メンバーは安藤まさひろさん、宮崎隆睦さん、松本圭司さん、須藤満さん、則竹裕之さんに加えて、韓国人のジャズ・ピアニスト、キム・グァンミン(김광민 Kim Kwang Min)という方が参加されています。

サックスのメロディーがとても良いですね。なんとこの曲は、則竹さんの曲!!へぇー。
カシオペアの神保さんもSunnyside Feelin’とかFrou frouとかドラマーらしからぬキャッチ―な曲を書いてるし、前々回のHorizonも坂東さん作曲だし、ドラマーでも良い曲書きますね♪

この記事のアドレスは
https://pasukuart.com/square-a-day-in-blue/
カウンター付き動画のメイキングはこちら↓
https://pasukuart.com/count-the-beats-making/
投稿の都度、Twitterで告知します。フォローよろしく~
https://twitter.com/lackofsleeeep

【7拍子】 T-SQUARE – T COMES BACK

前回も書きましたが、スクエアはなぜか7拍子の曲が多い…という話はあとにして、まずはお聴きください。

昔、ヤフーブログでこの曲を紹介した時に、
『8/8+7/8拍子』と書いたのですが、
『7/8+8/8拍子』が、どうやら正しいようです。
動画につけたカウンターの通り『最初に7拍子 + 次に8拍子(=4/4拍子)』です。ベースの須藤さんの体の動きを見ていて気付きました(1拍目で体が沈み込んでる)
あと則竹さんがハイハットの裏打ちをしてますが、その入れ替わる部分でも分かります。
自分的には、ギターのリフを聴いていると8拍子+7拍子の方がシンコペーションになって心地よいのですが・・・

さてT-SQUAREなんですが、自分が知る限りでは7拍子をこの曲のほか3曲演ってます。
前回投稿したHorizon(作曲:坂東慧さん)
A Day In Blue(作曲:則竹裕之さん)
Crazy beach(作曲:伊東たけしさん&河野啓三さん)

さらにはT-SQUARE出身者まで含めると、TRIXのSmile.(作曲:須藤満さん)、本田雅人さんのCondolenceなど、なぜかスクエアーファミリーは7拍子をよく取り上げていらっしゃる。

同時代のカシオペアは、カシオペアフリークのSさんに以前、全曲調べてもらったけど無かったので(3rdになってからは分かりません)、T-SQUAREは多いなぁという印象です。

ところで、肝心のリーダー安藤さんは1曲もないのかな!?T-SQUAREに7拍子が多いのは誰の趣味?
T-SQUAREで、他にも7拍子の曲をご存知でしたら教えて下さい~♪

さきほど挙げた、他の7拍子の曲は次回以降でご紹介していきますね。

では~

この記事のアドレスは
https://pasukuart.com/square-t-comes-back/
カウンター付き動画のメイキングはこちら↓
https://pasukuart.com/count-the-beats-making/
投稿の都度、Twitterで告知します。フォローよろしく~
https://twitter.com/lackofsleeeep

【7拍子】T-SQUARE – Horizon

前回投稿から半年も空いてしまいましたか…全国の7拍子ファンの皆様に申し訳ない(数えるぐらいしかいないか../苦笑)

さて、とある方からスクエアの7拍子の曲を教えていただきました。
感謝感謝<(_ _)>ありがとうございます。

まずはお聴きください。

以前も別のブログ(旧 FC2ブログ)で書きましたが、スクエアは7拍子の曲が実に多い!
メンバーが入れ替わってもコンスタントに7拍子の曲を出してるから安藤さんの趣味?
でもこのHorizonという曲はドラムの坂東慧さん作曲みたいですね。ふーむ。
パソコンやスマホのスピーカーじゃ分かんないかもしれませんが、ハイハットで細かいことやってますね~♪

ところで、曲調全然違うけどスクエア+バラードの7拍子っつーとA Day In Blueを思い出しますね。近々、ご紹介します。

というわけで、過去にYahooブログやらFC2ブログに投稿して散らばったままのスクエアの曲をこちらにまとめていこうと思います。全国のスクエアの7拍子が好きな皆様、乞うご期待(10人も居ないな…)

この記事のアドレスは
https://pasukuart.com/square-horizon/
カウンター付き動画のメイキングはこちら↓
https://pasukuart.com/count-the-beats-making/
投稿の都度、Twitterで告知します。フォローよろしく~
https://twitter.com/lackofsleeeep

【7拍子】Steve Vai – Die To Live

さて、前回予告した通りスティーブヴァイさんです。 まずはお聴きください♪

以前、『4分の4拍子+4分の3拍子では?』というコメントをもらったことがあるのですが、自分的にはスネアの入る位置から8分の7拍子と捉えてます。
こんな感じ↓

シンバルが入ってたり、バスドラムもちょっと違ったりしますが、まぁ雰囲気としてはこんな感じで・・
さて、スティーブ・ヴァイといえば自分はグラハムボネット率いるAlcatrazz(アルカトラス)で知るのですが(1984年)、前任のイングヴェイ以上に衝撃をうけたギタリストでした。
スタイルが違うから単純に比べられませんが、イングヴェイより芸達者だな~という印象で「God Blessed Video」のライトハンド(昔はそう言ってましたがいまはタッピングというらしい)によるバッキングはテクニックもさることながらそのアイデアに関心しました。
これ↓のいたるところでやってます。

↑ コミックバンドか??

ちなみにユニコーンのWAO!という曲で、ギターの手島さんが似たようなことやってます。
この1分43秒あたりが手元、分かりやすいですね。↓

かっちょえぇ~!

ところで、スティーブ・ヴァイといえば、ライブでもPVでもいつも髪をなびかせてる印象があるのですが…

なんとステージに扇風機を置いてるのですよね。

これは暑さ対策ではなく、髪をなびかせるためでしょう・・/笑

この記事のアドレスは
https://pasukuart.com/steve-vai-die-to-live/
カウンター付き動画のメイキングはこちら↓
https://pasukuart.com/count-the-beats-making/
投稿の都度、Twitterで告知します。フォローよろしく~
https://twitter.com/lackofsleeeep

【7拍子】Greg Bissonette – Noah’s Ark

前回お約束したグレッグ・ビソネットです。
まずはお聴きください♪

はるか昔、デイヴィッド・リー・ロスのバンドで一躍名が知れ渡った時は「グレッグ・ビショネット」だったのですが、いつの間にか「ビソネット」になっていたのですね・・。まぁよくある話ですが(ビリー・シーンとかクイーンズ・ライクとかビル・ブルーフォードとか・・)

さて、前回書いた「スティーブ・スミス」との共通点なのですが、2人とも「ジャズ/フュージョン畑」と「ハードロック畑」を行き来したドラマーなのです。
スティーブ・スミスは、ジャーニーで売れてお金に余裕が出来たんで、もともと演りたかったジャズ/フュージョン系へ戻って行ったのですが、グレッグ・ビソネットは、もともとジャズ/フュージョンを演ってたんだけど『ロックをずっと演りたいと思ってた』んだそうです。はるか昔、ドラムマガジンのインタビューで読みました。

それが実現したのがこちら↓

すごいメンバーですよね。

肝心の曲の事に一切触れてませんでした・・。
冒頭の7拍子の曲『Noah’s Ark』は、グレッグ・ビソネット名義のアルバム『Submarine』からの一曲です。

このアルバム、曲ごとにギタリストが変わるのですが、ロック系も居ればフュージョン系も居たりと、多種多様なギタリストが参加していて豪華です。
Frank Gambale, Joe Satriani, Robben Ford, Michael Landau, Richie Kotzen…

ちなみに、『Noah’s Ark』の参加メンバーは
Drums: Gregg Bissonnette
Bass: Matt Bissonette
Guitar: Steve Vai

です...。

ほ~、スティーブ・ヴァイ!

という訳で、次回はスティーブ・ヴァイさんの7拍子曲をご紹介予定にします~♪

この記事のアドレスは
https://pasukuart.com/greg-bissonette-noahs-ark/
カウンター付き動画のメイキングはこちら↓
https://pasukuart.com/count-the-beats-making/
投稿の都度、Twitterで告知します。フォローよろしく~
https://twitter.com/lackofsleeeep